前へ
次へ

不動産投資で明るい未来

最近の不動産投資はサラリーマンや公務員などが以外と低リスクで、長期的な収入が見込め節税効果も期待できることから始める人が増えているようです。
そのためにはアパートやマンションを購入して家賃収入を得る方法です。
また価格が上がることに期待して上がれば即売却で、その差額による売却益を得る方法もあります。
ただどうしても地方より東京に投資資金が集まる傾向があるようです。
そしてこの世界では売却益よりも、家賃収入などで得る運用利益の方に人気があるようです。
不動産投資は収益を生み出すだけではありません。
団体信用生命保険に加入すれば万が一のとき家族に資産を残すことが可能です。
アパートやマンションを購入する際に加入するこの保険の強みは、名義人が死亡したり高度障害のときにローンの残債を金融機関に代理弁済することです。
そのため家族や関係者に負担がかかることはありません。
そして残ったアパートやマンションの家賃収入が継続可能です。
また売却して現金収入を得ることも可能です。

Page Top