前へ
次へ

不動産投資とは何か考えましょう

一般的に不動産投資とは、借入などで投資して不動産を取得するなどの方法で運用し、利益を得ることです。
土地の場合は駐車場や資材置き場などが考えられます。
安定的な収益を得ようとすれば取得した土地に定期借地権などを設定して権利金を得たり定期的な借地料を得ることも考えられます。
建物を取得する場合は、収益を得る方法は多岐にわたりますし、空き室率をはじめとした危険性がありますので、不動産業者や税理士などの専門家や融資を受ける金融機関に相談することが重要です。
利益が借入金の支払利息を上回れば不動産投資が成功したと言えるでしょう。
土地なら、賃貸料から固定資産税や所得税などを差し引いた税引き後の利益が黒字であれば良いでしょう。
土地は一定の期間資産として運用した後、資産価値が残りますから、それを譲渡することも可能です。
建物は土地と考え方は基本的に同じですが、経費が複雑ですから気を付ける必要があります。
特に消費税と減価償却費には注意が必要です。
消費税は原則として損益に関係ないと言われますが実際どうなのか、減価償却費は出金が無い経費ですが考え方があります。
いずれにしても、専門家に相談することが重要です。

Page Top